スポンサードリンク

2015年01月27日

医療費控除 確定申告 時期

会社が所得税については面倒を見てくれているという会社員といえども確定申告が関係してくるケースがいくつかあります。たとえば、毎月支払っている生命保険料。この生命保険料は支払明細を提出することで、所得から控除してもらえます。要するに税金負担が減るということです。会社で所得税を計算してくれる給与担当に生命保険支払証明書を渡すというのが一般的な流れのようです。確定申告の納付期限は毎年決まって3月15日です。提出前に記載もれや添付書類の不足を確認しましょう。また、3月15日が土日の場合は翌月曜日が納付期限になります。期限が近づくと税務署はとても混雑するので、相談や提出は早めに行うのがオススメです。確定申告の手続きの流れは以下の通りです。まず申告用紙を手に入れます。税務署に用意されているので事前に入手しておきましょう。申告書に必要事項を記入をして提出をします。税金の納付がある場合は同じタイミングで支払いをします。また、納付還付を受ける場合は還付される税金の受け取り金融機関などを記入しておきましょう。


posted by 確定申告マン at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 2014 期間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

確定申告 2014 用紙 医療控除

全自動のクラウド会計ソフトfreeeのユーザー数がかなり増えているみたいですね。青色申告に切り替えるタイミングで使い始めるのもいいかもしれません。親から住宅資金をもらった場合などは住宅資金贈与の申告をする必要があるそうです。通常の贈与でも年間110万円を超えると贈与税がかかりますしね。2015年の確定申告から白色申告している個人事業主も記帳や帳簿の保存が義務化されるそうですね。
posted by 確定申告マン at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 2014 期間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

確定申告 2014 書き方

一般にはサラリーマンは確定申告をしなくてもいいようになっています。しかし、医療費控除、住宅ローン控除、地震保険控除などの控除には確定申告が必要となるのです。e-Taxを使って確定申告をすると一定条件のもとで電子証明書等特別控除として税額控除を受けられるそうです。医療費控除の確定申告には医療費を支払った際の領収書が必要になります。必ず取っておくようにするのがいいですね。
posted by 確定申告マン at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 確定申告 2014 期間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
確定申告 2014」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。